鋳造した製品を仕上加工した後、さまざまな検査を行います。
以下のような機器を使って製品に欠陥がないかどうかを検査するほか、
資格を有する社員を配置して超音波やレントゲンなどによる非破壊検査も実施しています。

引張り・圧縮・耐力・伸びなど、製品が備えているべき機械的性質を検査します。

溶解中のサンプルにスペクトル線を照射し、その波長によってステンレス鋳鋼の物性を検査します。多数の元素が一度に測定でき、金属の純度を確認することができます。

外観検査や寸法検査、また破壊検査や非破壊検査など、さまざまな試験検査に対応できるようにしています。