1967年6月船舶用プロペラの製造工場として設立
1970年8月西独、オットーユンカー社より真空脱ガス炉および鋳造技術を導入、
高級ステンレス鋼鋳物部門を増設し生産に着手
1977年5月分光分析器を導入
1980年3月ガス自動造形ラインを新設
1982年9月高周波電気誘導炉を導入
1984年8月日本海事協会によるステンレス鋼・鋳鋼品工場の承認を取得
1985年5月酸洗設備を新設
1986年7月熱処理炉を新設
1987年4月砂再生装置を新設
1989年9月自動混練機を導入
1990年1月発光分析器(カウンターバック)を購入
1993年5月IBMコンピュータ導入し、生産管理システムの充実を図る
1995年6月クレーンブラストを新設
1996年1月750kg高周波溶解炉を新設
2月エプロンプラストを新設
5月仕上ライン改装工事及び新設
1998年10月大物ガス自動造型ラインを新設
2002年5月1,000kg 高周波溶解炉を新設
2006年12月ロイド船級協会によるステンレス鋳鋼品工場の認証を取得
2007年12月新東クレーンブラストを入替
2008年6月ロイド船級協会によるCEマーキング PED(圧力機器指令)の認証を取得
2009年11月川端啓一が代表取締役に就任
2010年1月エプロンブラストを入替
12月250kg高周波溶解炉を新設
2011年2月発光分析装置(PDA-7000)を入替
2012年1月島津万能試験機、計測制御装置(UH-X)を入替
8月熱処理炉(電気炉・ピット式)入替
2013年5月BV船級協会(フランス)による、ステンレス鋳鋼品及び普通鋳鋼品工場の認証を取得
11月DNV船級協会(ノルウェー)による、ステンレス鋳鋼品及び普通鋳鋼品工場の認証を取得